日本で英語能力の試験といえば「TOEIC」と「TOEFL」の2つが有名です。 ただ、どちらも英語能力の試験なので、両者にどのような違いがあるのか分からないという人も多いでしょう。 まず、TOEICとTOEFLは似ているようで全く違う性質を持っています。 TOEICの場合は英語のコミュニケーション能力を評価する試験ですが、TOEFLは大学の講義を英語で受けられるかどうかを判定する試験です。 そのため、日常会話やビジネスに関する英語のコミュニケーション能力を鍛えたいのであれば、TOEICの試験勉強をした方がいいでしょう。 TOEFLの試験は大学の授業に関する内容や大学生活に関する内容がほとんどです。 普段使用しないような言葉もたくさん出てくるので難易度でいうとTOEICよりも難しいと思ってください。 そして、両者では使用目的も異なります。 TOEICは大学や高校への入学試験、就職・転職活動に使うことができますが、TOEFLは基本的に大学入学するための手段として使用されます。 世界的な知名度でいってもTOEICよりもTOEFLの方が高いです。